HOME>アーカイブ>香典返しを贈るときにとても役立つ基礎知識

香典返しを贈るときにとても役立つ基礎知識

ギフト

香典返しの基本マナー

香典返しとは、弔事を滞りなく終えたことを伝える意味があるため、四十九日を過ぎた後から送ります。喪主が直接香典返しを持参して届けるというスタイルが昔は多かったのですが、現在は遠方に住んでいる人も多く、挨拶状とともに送るのが通例です。ただし、宗教によってお香典返しをしない場合や、送ったとしても時期が仏教徒は異なります。金額に関しては、3分の1くらいでいいでしょう。

プレゼント

電報を頂いた方に香典返しを贈るタイミング

電報は海外など仕事の都合で葬儀に参加できない方が送ることがあります。葬儀を終えたらお礼を送るのが基本ですが、難しい場合は1週間以内に送るようにしましょう。また、お香典に関しては送る必要はないのですが、後からお金を郵送で送ってくる場合もあります。その際は半額もしくは3分の1程度のお返しの品を渡しましょう。

香典返しとして利用される品物

ボックス

お茶やコーヒー紅茶など

お茶やコーヒー、紅茶は日持ちすることで選ばれます。普段のティータイムでも使え、一番無難な贈り物として選ばれています。

洗濯洗剤や台所用洗剤

家族が多い家庭に向いているのが洗濯洗剤や台所用洗剤。日用品は合って困らないため、香典返しの品としていいでしょう。

和菓子や洋菓子などの菓子類

香典返しとして用意されているものには、和菓子や洋菓子のセットもあります。季節に合ったお菓子を送れば季節感も味わえるためお勧めです。

最近人気のあるカタログギフト

カタログギフトというと、お祝いのお返しなどで利用されることが多いのですが、最近ではお香典でもカタログギフトを使われる方が増えており、これなら受けとる側が自由に選べるというメリットがあります。

白いハンカチやタオルなど

白いものは白装束で旅立つことを意味し、昔から白いものを送ることは定番です。白いハンカチやタオルなどは香典返しの定番な品になります。

広告募集中